in

自動車保険の賢い選び方とは

自動車保険は選び方に気を付けよう

節約は日々の色々な所で行なうことができますが、その一つとして自動車保険があります。
自動車保険は大きく分けて2種類あり、代理店型とダイレクト型という種類があります。
車をディーラーで購入したという方の場合は代理店型となっており、これが節約の余地があるポイントになっています。

ここでは自動車保険の選び方のポイントについてお伝えしていきます。
見直して自動車保険に入り直すことによって今のサービスを保ちながらも費用をお得にすることができるので、ぜひ検討してみるのもお勧めです。
保険はよく分からないのでついそのままにしているという方も多いですが、きちんと見直すことで得をすることができるので、チェックしてみることをお勧めします。

2種類の自動車保険のポイント

前述のように自動車保険には2種類ありますが、代理店型の方は保険会社が自動車保険を提供しており、これをディーラーが代理店となって合わせて販売しています。
これは車を新しく購入する方は自動車保険に合わせて入る方がほとんどのため、合わせて提案がしやすいためです。
代理店型の自動車保険は通常の料金に代理店となっているディーラーの手数料が合わせて入るため、割高になりやすいです。
メリットはディーラーを通して手続きができるため手軽に申込みができるという点です。

自動車保険についてはあまりよく分からないので任せたいという方は多く、そうした方に需要のあるサービスと言えます。
自動車保険は契約の更新がありますが、それもディーラーに行けば行なってくれるので、待っていればOKということになります。

これに対してダイレクト型はディーラーを通さずに自分で申込みをするという形になっています。
契約に際しては自分で情報をチェックして比較検討し、納得した上で申込みをするという流れが必要になります。
そのため最初は自動車保険について情報収集を行なう必要がありますが、その後は安い保険料で済むことになるので、ひと手間かける意味はあると言えます。

ダイレクト型は代理店を挟まないサービスなので、その分費用を安く抑えることができ、節約につながります。
1000円や2000円の差が出てくることも比較的多く、年間で数万円の差につながるので、これはとても大きなメリットと言えます。

検討してみるのもお勧め

以上、自動車保険の種類についてお伝えしました。
興味が湧いた方はダイレクト型を検討してみるのもお勧めです。
まずは情報収集から始めてみると良いでしょう。
どのくらいの月額になるかをチェックして、切り替えた方が良いと思ったらさらに深く検討してみるのもお勧めです。
十分に情報収集をして、納得のいくサービスに申し込んでくださいね。

Written By: