ピックアップ

Pick Up

冷蔵庫の使い方次第で、毎月の光熱費が変わる!?

節約は色んな所でできるものですが、冷蔵庫の使い方も見直すことで節約につなげることができます。
冷蔵庫は普段から[...]

交通費の節約に!1駅分歩いてみるのもいいかも!

毎日生活している中で比較的大きな負担になりやすいのが交通費です。
交通費は会社で負担してもらえる場合も[...]

専用マンションの特徴に迫る

〇〇専用マンションというマンションはたくさんありますが、人気の高い女性専用マンション、学生専用マンション、ペット専用マンションを[...]

食材宅配サービスで食費節約!

最近注目されているサービスの一つに食材宅配サービスがあります。
これは文字通り、食材を宅配してくれるというサービスで[...]

おすすめ記事

Recommend

最新の記事

What's New

そびえ立つマンション

専用マンションの特徴に迫る

〇〇専用マンションというマンションはたくさんありますが、人気の高い女性専用マンション、学生専用マンション、ペット専用マンションをご紹介いたします。

女性専用マンション

女性専用マンションの特徴として、セキュリティや防犯が強い物件が多くあります。一般的なオートロックやキースイッチ、カバー付きのドアスコープ以外にも複数セキュリティがありますのでご紹介いたします。
女性専用のマンションでは駅近の物件も多く、夜遅くの帰り道の不安が軽減され、仕事や学業で遅くなってしまっても安心して通うことができます。
また、マンションに管理人が24時間体制で常駐している物件もあります。突然トラブルに巻き込まれた時のためにフォロー体制が整っているところもあります。
他にも、女性専用で使用されているマンションでは、部屋が綺麗な場合が多く、タバコの匂いや生活汚れなどが少ないことが多いです。
立地や建物によっては一般的なマンションより値段が高めに設定されていることが多いですが、妥協できないセキュリティ面を考えれば高すぎるということはないでしょう。

学生専用マンション

学生専用マンションでは、家具が備え付けになっているケースが多いです。いちから揃えると固まったお金が必要になりますが、最初から備え付けになっている物件は学生に人気が高いです。
また、最近では無料のインターネット回線が付いている物件が多くみられます。
その他にも特徴として、一棟やワンフロアが学生のみとなっている場合があります。同世代が多いため、生活音などを気にしなくても多少は問題ないことが多いようです。
学生専用マンションのデメリットは、卒業したら退去しなくてはいけない点です。環境が良く住みやすくても継続して契約ができないことが多くあります。

ペット専用マンション

ペット可のマンションも増えてきていますが、専用マンションはペットを飼っていることに気兼ねなく住むことができます。
共用でワンちゃん用の足洗い場が設置されていたり、お散歩用具用ロッカーが設備されているマンションもあります。
お部屋から飛び出してしまわないように飛び出し防止ドアや玄関にリードフックが取り付けられています。ほかにも、フローリングがクッションフロアになっていて、爪の傷などの悩みにも対応しています。
壁紙にもペット用に汚れにくく傷がつきにくいものを選んでいたり、ハイポジションコンセントになっていて、ペットが部屋の中で遊んでも問題ない作りになっています。

ハンドル

エコドライブでガソリン代節約!その運転方法とは?

スタート時にエコドライブで意識することは何?

年間8万円くらい、得するエコドライブでは、どんなことを意識すればよいのでしょうか。
まずは、スタートの時にどんなことを意識すれば、エコドライブになるのか、考えてみましょう。

ブレーキペダルから足を離したときは、すぐにアクセルを踏まないようにします。
一呼吸置いて、ゆっくり踏むと良いです。

オートマ車の場合は、「クリープ現象」というものがあります。
この現象は、ブレーキから足を離すと自然に前にすすむといったものです。
この場合、前進した時に、じんわりとした感じでアクセルを踏むと良いでしょう。

アクセルは、ほんの少しだけ、踏みしろから先に踏む程度でよいのです。
エンジンの回転数でいうと、2000回転未満になります。
それ以上は、踏み込まないようにしてください。

走行中にエコドライブで意識することをご紹介

走行中に意識することですが、先を見る様にすることでしょう。
なるべく、一定の速度で、車の流れや信号がどうなっているのかを確認し、無駄なアクセルワークなどをしてはいけません。
アクセルを、緩く踏みっぱなしにすると良いのは、長いストロークで一定速度の走行可能な場合です。

このように、大事なのは、アクセルの踏みかたです。
踏んだり、離したりを繰り返すのはNGになります。

停車時にエコドライブで意識することもあります

停車時でも、エコドライブを意識できます。
例えば、停車できると予測した場合です。
走行時は先を見ていますから、先にある信号や車の流れを把握しているものです。
停車を予測できたら、早めにアクセルオフをしましょう。

かなり早めにアクセルから足を離すのはどうかと思われそうですが、車は惰性でかなりの距離走行するものです。
ですから、早めにアクセルオフしても、大丈夫でしょう。

3つのポイントを押さえておけば大丈夫

このような3つのポイントを押さえておけば、大丈夫と言われても、少々不安に思う人もいるでしょう。
確実に燃費が向上するものですが、このような運転方法では、周囲に迷惑が掛からないか心配と思われるかもしれません。
しかし、大丈夫なものです。
この方法でも、周囲の車の流れを妨げることなく、走行できます。

スタートの時は、2台先の車を見るようにします。
そうすると、自分がどのようなタイミングで進めばいいか、分かるはずです。
そのような予測の元に、少しだけ早めにブレーキペダルから、足を離してください。
大事なのは、停車時に余裕を持った車間距離を持つことです。

加速時は、それほど強くアクセルを踏みこまなくても良いのです。
ほんの少しの踏込で5~6秒すると40~50kmの速度は出ます。
あせることはありません。
急発進や頻繁な加速度の繰り返しをしなくても、周囲の車の状況に合わせて、運転できるものです。

優良物件の外観

特定優良賃貸住宅(特優賃)のメリット・デメリット

特定優良賃貸住宅について知りたい

特定優良賃貸住宅ってご存知でしょうか。
聞いたことがあるような、ないようなものかもしれません。

特定優良賃貸住宅は、入居者の負担を軽くするための家賃補助があります。
その他に礼金、更新料、仲介手数料が無料です。
そもそも、この住宅は、賃貸物件の所有者が地方自治体、国の補助金、住宅金融支援機構の融資を利用して建築した良質な賃貸住宅なのです。
そこの居住者は、地方自治体と国から、補助金がもらえるという特典があります。

略して「特優賃(とくゆうちん)」と呼ばれるようです。
中堅所得者のために建てられた賃貸住宅になります。

お金が安く済むというのは最大のメリット

特定優良賃貸住宅の最大のメリットは、家賃補助です。
世帯の所得に応じて、地方自治体と国から、家賃補助を受けられます。
基準になるのは、前年度の収入、家族数で3~5段階に分かれているようです。

家賃補助にも種類があります。
傾斜型とフラット型の2種類があり、傾斜型は、最長20年受けられるのですが、毎年、受けられる額が減少していくといったものです。
入居時の補助が一番多く、だんだんと減少していきます。

それに対して、フラット型は一定の額を補助してくれるというものです。
受けられる年数は15~20年で、自治体によって、違います。
傾斜型と比べて、最初の補助額は低いのですが、ずっと同じ額なので、家賃管理しやすいでしょう。
その他のメリットは住宅の質が良いこと、礼金、更新料、仲介手数料が無料なこと、管理体制が安心できることが挙げられます。

デメリットは入居倍率が高いこと

デメリットは、入居倍率の高さになります。
上記に説明しましたとおり、特定優良賃貸住宅は、家賃補助があり、礼金、更新料、仲介手数料が無料、住宅の質が良い等のメリットが多いため、人気が高いのです。
入居希望者が多く、一般的な賃貸住宅よりも入居倍率が高いのは、仕方のないことかもしれません。

特に新築物件は入居希望者が多く、倍率がいっそう高いのです。
ですから、申し込んでも入居できるとは限りません。

そして、先ほども触れましたが、家賃補助が傾斜型の場合は、年々、補助額が下がるため、人によっては、家賃の支払いが大変になるかもしれないのです。
最長20年ですが、最終的には家賃補助がなくなる場合もありますから、家賃が払えるかどうかも重要になります。

それから、中堅所得者向きということですから、所得制限があるのです。
ですから、所得が低いと、入居条件がクリアできないため、応募できません。
これは、残念なデメリットです。
所得が上がったら、応募してみても良いでしょう。

また、ファミリー向けなので、単身者では応募できません。
でも、数は少ないのですが、単身者向け物件もありますので、単身者の方は探してみてください。

エアコン

冬のエアコンの節約術3選

オンオフをあまりこまめに切り替えないように

冬のエアコンを節約するためには、オンオフをこまめに切り替えないことが大事です。
こまめに、オンオフを切り替えると、電気代の節約になりそうですが、実は、その逆になります。

実は、余り知られていないのですが、エアコンは起動時に一番消費電力が上がります。
つまり、まめにオンオフを切り替えると、消費電力がものすごいことになってしまい、電気料金が上がるのです。
そのようなことを考えますと、エアコンはつけたり、消したりするよりもむしろつけっぱなしの方が電気料金を抑えられるという事になります。
たとえば、食材の買い足しで10分くらい、近くのコンビニに行きたいという時等は、エアコンを消さない方が良いということです。

とはいうものの、つけっぱなしにすると、環境に良くないという考えもあります。
しかし、オンオフを繰り返すと、それだけ消費電力が多くなるということですから、それだけ環境にも負荷がかかるという事です。
このように、考えますと、消費電力ということで、オンオフをこまめにするよりも、つけたままにしておいた方が良いという事になるでしょう。

2週間に一度はフィルター掃除をしたい

エアコンは使っているうちに、ホコリはたまります。
そうなると、吸い込む量の空気が少なくなり、部屋を暖めるためには、電力を多く使いますから、余計な電力を消費してしまうのです。
そのようなことを防ぐためには、2週間に一度のフィルターの掃除が必要になります。
掃除することによって、エアコンは効率よく室内の温度を調整してくれるでしょうから、最小限の電力での暖房で済むでしょう。

初めて使う時には、フィルターを掃除するでしょうが、それを2週間に1度の割合で続けると良いです。
内部の掃除となると、手間ですが、フィルターのみでいいので、簡単ですし、すぐにできます。

断熱フィルムを窓ガラスに貼ることも大事

窓ガラスは、熱や冷気が伝わりやすい場所です。
賃貸マンションの場合、複層ガラスでないことが多いでしょうから、窓ガラスに断熱フィルムを貼ると良いでしょう。
こうすることで、断熱性を高められます。
貼るだけなので、簡単ですが、複層ガラスと同じようにフィルムとガラスの間に空気の僧を設ける事で断熱できるというわけなのです。

複層ガラスに変えれば良いのかもしれませんが、費用がなかなかのものです。
そう考えますと、安価で済む断熱フィルムを貼るということはお得な寒さ対策になります。
結露も吸い取ってくれますから、一石二鳥になると言う事です。

断熱フィルムは、通販でも安価でかわいいものが売っていますから、インターネット検索をしてみてください。
その他に、ホームセンター等でも売っていますから、チェックしてみましょう。