自動車保険の賢い選び方とは

自動車保険は選び方に気を付けよう

節約は日々の色々な所で行なうことができますが、その一つとして自動車保険があります。
自動車保険は大きく分けて2種類あり、代理店型とダイレクト型という種類があります。
車をディーラーで購入したという方の場合は代理店型となっており、これが節約の余地があるポイントになっています。

ここでは自動車保険の選び方のポイントについてお伝えしていきます。
見直して自動車保険に入り直すことによって今のサービスを保ちながらも費用をお得にすることができるので、ぜひ検討してみるのもお勧めです。
保険はよく分からないのでついそのままにしているという方も多いですが、きちんと見直すことで得をすることができるので、チェックしてみることをお勧めします。

2種類の自動車保険のポイント

前述のように自動車保険には2種類ありますが、代理店型の方は保険会社が自動車保険を提供しており、これをディーラーが代理店となって合わせて販売しています。
これは車を新しく購入する方は自動車保険に合わせて入る方がほとんどのため、合わせて提案がしやすいためです。
代理店型の自動車保険は通常の料金に代理店となっているディーラーの手数料が合わせて入るため、割高になりやすいです。
メリットはディーラーを通して手続きができるため手軽に申込みができるという点です。

自動車保険についてはあまりよく分からないので任せたいという方は多く、そうした方に需要のあるサービスと言えます。
自動車保険は契約の更新がありますが、それもディーラーに行けば行なってくれるので、待っていればOKということになります。

これに対してダイレクト型はディーラーを通さずに自分で申込みをするという形になっています。
契約に際しては自分で情報をチェックして比較検討し、納得した上で申込みをするという流れが必要になります。
そのため最初は自動車保険について情報収集を行なう必要がありますが、その後は安い保険料で済むことになるので、ひと手間かける意味はあると言えます。

ダイレクト型は代理店を挟まないサービスなので、その分費用を安く抑えることができ、節約につながります。
1000円や2000円の差が出てくることも比較的多く、年間で数万円の差につながるので、これはとても大きなメリットと言えます。

既にこの保険会社が気になっているという場合は、インターネットで個別の見積もりもできます。

細かい条件を設定して見積もり金額を確認できる点が、個別見積もりの特徴。
Webサイト上で条件をいろいろ変えて、自動車の乗り方や、保険種類、保険金額、特約などのシミュレーションが可能。
自分に合ったプランを検討できます。
また、個人情報を入力しなくてもいい自動車保険会社が多く、1社あたりの所要時間は最短2分。気軽に利用できます。
自動車保険の比較<オリコン>

この保険会社で安くなるのか検討したい場合、条件を細かくいれればOK。
少しでも節約できるようしっかりとプランを比較しましょう。

検討してみるのもお勧め

以上、自動車保険の種類についてお伝えしました。
興味が湧いた方はダイレクト型を検討してみるのもお勧めです。
まずは情報収集から始めてみると良いでしょう。
どのくらいの月額になるかをチェックして、切り替えた方が良いと思ったらさらに深く検討してみるのもお勧めです。
十分に情報収集をして、納得のいくサービスに申し込んでくださいね。

カーシェアリングでおトクなカーライフ

カーシェアリングが人気

最近人気となっているのがカーシェアリングです。
カーシェアリングは車を所有せず、レンタルして使用するという方法です。
同じようなサービスにレンタカーがありますが、カーシェアリングはより手軽に車が利用できるようになっているのが特徴です。
ちょっとした買い物などのお出かけなどにも使えるサービスとなっており、レンタカーは休日のまとまった時間で使うのに適しており、カーシェアリングはより短時間での利用のために便利なサービスです。

カーシェアリングのサービスはここ数年とても注目されており、特に車を所有するのが難しい都心部でサービスが多く展開されています。
活用することで大きな負担をかけることなく車を利用することができるので、ぜひあなたも活用してみると節約しながら車を楽しむことができます。

カーシェアリングの利用について

カーシェアリングを利用したいと思ったら、インターネットでの申込みが手軽で便利です。
インターネットでサービスのページにアクセスし、利用の申込みをします。
都市部には駐車場にカーシェアリングサービスの旗が立っている所をちらほら見かけます。
ここがサービスを利用できる駐車場になっており、利用の申込みをしたら駐車場に向かい、停めてある車を使用します。
一定時間経過したら提携駐車場に返却し、サービスの利用が終了となります。

料金の支払いはクレジットカードで行なえるサービスが多くなっています。
駐車場は元の位置に返却する必要はなく、提携の駐車場ならどこにでも返却してよいので、行きと帰りで場所が違っても大丈夫なのも便利です。

基本的には24時間いつでも利用することができるので駐車場に停めてある自分の車のように利用することができます。
また、料金は15分単位で計算されるようになっているのでムダなく利用することができます。
30分や1時間買い物で利用したいという方にもとても便利で、小回りの利いた使い方ができるサービスです。

都心ではあまり車を持っていなくても不自由することはありません。
ですが時には乗りたいという時もあり、そうした時に利用すると便利なサービスと言えます。
車を維持していると常に費用がかかりますが、カーシェアリングなら使いたい時にだけ使えば良いので、とても効率の良いサービスなのです。

気になったら利用してみよう

カーシェアリングのサービスは最近特に多くなっており、様々なサービスが登場しています。
最初は無料で一定時間利用できるクーポンなどが付いているなど、始めやすいサービスとなっているので、まずは気軽に利用してみるのもお勧めです。
一度利用すればその便利さが分かるので今後も利用したいと思う方も多いですし、車を購入するよりこれでいいという方も多いです。

交通費の節約に!1駅分歩いてみるのもいいかも!

交通費を節約したい方に

毎日生活している中で比較的大きな負担になりやすいのが交通費です。
交通費は会社で負担してもらえる場合もありますが、最近では半分負担や支給しない所などもあります。
なるべく交通費を節約したいという方にお勧めなのが、1駅分歩いてみるということです。

特に電車代がもう1駅近ければ安くなるという場合は、歩いてみるのも良い選択肢と言えるでしょう。
1駅歩くことで意外と大きな節約につながります。
少しの手間で比較的大きなリターンになれば、あなたの生活にもさらに余裕が生まれますし、仕事へのモチベーションもより高くすることができるので、ぜひ取り入れてみるのもお勧めです。

節約することでの効果

例えば1駅歩くことで40円節約になったとすると、往復で80円となります。
一見小さな金額に見えますが、これは缶ジュースやスーパーで購入するドリンク1本と同等の金額になります。
普段休憩などでドリンクを購入している方はこのドリンク代を捻出することができるのです。
また、ドリンク代にしないとしても、1日80円ということは1ヶ月で20日仕事をしたとすると1600円になり、これは書籍1冊分に当たります。

これもとても大きな金額と言えます。
ひと月に書籍1冊が浮いてくる計算になるということは、毎月1冊の書籍を今の負担と変わらずに購入することができるのです。
年間で12冊の本を読めばあなたのスキルもさらにアップして、収入アップも見込めるかもしれません。
まさに良いことづくめと言えます。

さらに、書籍を購入しないにしても、1600円を年間で見ると17800円にもなります。
これも非常に大きな金額です。
ちょっと良い服なども購入できたり、家電製品も購入できる金額になるので、ぜひ節約してみるのもお勧めです。
1駅歩くことから広がる可能性はとても大きいのです。

運動効果も高い

また、1駅歩くことは節約だけがメリットではありません。
もうひとつ、運動効果も高いです。
誰でも行なうことができて運動効果も高いものの代表としてウォーキングがあります。
ひたすら歩くというシンプルな運動方法ですが、これがとても大きな健康増進効果を生むのです。

1駅分歩くことで、毎日通勤の度に1日15分から20分ほどのウォーキングができる方もいると思います。
これを日々繰り返していると、体はとても健康に保つことができるのです。
そのため、節約をしながら体も良い状態に保つことができ、エネルギッシュに仕事をすることでさらに良いパフォーマンスを出せることにもつながるのです。

このように、1駅歩く節約法には様々なメリットがあるので、ぜひ取り入れてみるのもお勧めです。
どうしてもっと早く始めなかったんだろうと思うかもしれませんよ。

自転車通勤で節約&運動!

自転車通勤はお勧め

節約の方法は本当に様々ですが、通勤の方法も見直してみるのも一つの方法です。
節約に効果的な方法としては、自転車通勤があります。
電車で通勤している方も、比較的近場に通勤するのに電車を使っているなら一度自転車を検討してみるのも良いでしょう。
最近は自転車が見直されており、様々な自転車が販売されるようになってきています。
一般的な従来の自転車のほかに、中には本格的な自転車もあり、数十万円するような自転車もあります。

さすがに節約のために数十万円の自転車を購入してしまうと本末転倒ですが、安価な自転車を購入する、もしくは家にすでにある自転車を使って通勤、通学するのはとてもお勧めです。
ここでは自転車通勤のメリットについてお伝えします。

自転車通勤の節約効果

自転車通勤の節約の効果ですが、1回あたりの電車代が往復500円だったとすると、20日勤務したとしても1万円の交通費になります。
これが1年経過すると12万円となり、大きな出費になってしまいます。
もちろん企業では交通費が支給されることが多いため、実質的に負担はありませんが、支給されていない場合はこれを自転車にすると浮かせることができるのです。

自転車の購入に5万円かけたとしても、年間で7万円の節約になり、さらにその後も節約の効果は続いていくのです。
自転車は安価なものなら1万円ほどで購入できてしまうので、より安く抑えることももちろんできます。
最近の自転車は高性能になっており、値段の高いものはかなりのスピードが出るものもあります。
街を駆け抜ける喜びも味わうことができ、満員電車よりも壮快な気分で通勤をすることができるのも大きなメリットです。
自分のエネルギーの節約にもなると言ってよいでしょう。

運動効果も高い

自転車は運動の効果もとても高いのもメリットです。
運動はとても大切で、多くの方が社会人になると運動をやめてしまいます。
ここに自転車通勤を取り入れると、毎日自転車に乗ることになるので程よい運動をすることができるのです。
自転車は有酸素運動で、脂肪を燃焼する効果が高い運動です。
そのため運動不足になっていて最近少しお肉が気になってきていた時にも、自転車通勤にすることでダイエットもすることができるのです。

このように自転車通勤は節約効果も高く良い運動にもなるので、ぜひ検討してみるのもお勧めです。
自転車自体、趣味としてとても楽しいものでもあるので、新しく購入してみるのもお勧めです。
新しい趣味ができて、節約のつもりがたくさんお金を使わないように注意したい所です。
自転車は男性でも女性でも利用しやすい乗り物で、年齢も幅広く対応するので、ぜひ検討してみてくださいね。

ガス代節約術を大公開!

ガス代も節約できます

節約をし始めると本当にあっちもこっちも節約できるという所が見えてきます。
ガスの見直しはできているでしょうか。
ガス代も節約をすることができるので、ぜひ見直してみることをお勧めします。

ポイントを押さえて改善することで毎月のガス代を抑えることができ、年間のガス代にするとかなり大きな差につながってきます。
小さな改善の積み重ねが大きな結果につながるのです。
ガスは特に毎日料理などで使うという方も多いので、見直すことで節約できる可能性はとても高いです。
ぜひチェックしてみてくださいね。

ガス代の節約術をご紹介

ガス代の節約術の一つめとしては、中火を活用するということです。
実は、ガスで火をつけた時に、一番電気代が節約できるのが中火となっています。
弱火はもちろんガスの消費量が抑えられますが、その分温めるのに時間がかかってしまうため、結果としては中火よりもガス代がかさんでしまいます。
強火は早く加熱することができますがその分ガスは余計に消費してしまい、こちらも中火よりもガス代が高くなってしまいます。
こうしたことから、中火を活用すると良いでしょう。

さらにワンランク上のステップとしては、中火で加熱したものがあれば、その余熱も活用するということです。
加熱した後はその熱が残っているので、残っているうちに他のことができるなら上手く他に使うと良いでしょう。
こうした小さな積み重ねが節約につながります。

次に鍋の使い方を見直すという方法もあります。
鍋は大きめのものを使用する方がガス代を節約することができます。
これは、大きな鍋の方が熱を伝える力が強いため、少しの熱でも加熱するスピードが速くなるためです。
日頃からなるべく大きめの鍋で調理すると良いでしょう。
大きめの鍋は調理もしやすいので一石二鳥とも言える方法です。

さらに、電子レンジを活用する方法もあります。
全てガスで済ませようとするのではなく、電子レンジを併用した方が結果的に節約につながることもあります。
コンロでお湯を沸かしてホットドリンクなどを作りたいとき、ガスを使ってしまう方もいるかもしれませんが、電子レンジで温める方が実は節約になります。

また、野菜を煮る時にも同じことが言えます。
実は電子レンジの方が急速に加熱することができるため、結果として節約につながります。
特に野菜は活用していくと時間も短時間で煮ることができるので、ぜひ活用していきましょう。

ガスの節約マスターになろう

以上、ガスの節約方法についてご紹介してきました。
ポイントを押さえてガスを節約することでガス代も確実に節約していくことができるので、ぜひ取り入れて活用してみて欲しいと思います。