自動車保険の賢い選び方とは

自動車保険は選び方に気を付けよう

節約は日々の色々な所で行なうことができますが、その一つとして自動車保険があります。
自動車保険は大きく分けて2種類あり、代理店型とダイレクト型という種類があります。
車をディーラーで購入したという方の場合は代理店型となっており、これが節約の余地があるポイントになっています。

ここでは自動車保険の選び方のポイントについてお伝えしていきます。
見直して自動車保険に入り直すことによって今のサービスを保ちながらも費用をお得にすることができるので、ぜひ検討してみるのもお勧めです。
保険はよく分からないのでついそのままにしているという方も多いですが、きちんと見直すことで得をすることができるので、チェックしてみることをお勧めします。

2種類の自動車保険のポイント

前述のように自動車保険には2種類ありますが、代理店型の方は保険会社が自動車保険を提供しており、これをディーラーが代理店となって合わせて販売しています。
これは車を新しく購入する方は自動車保険に合わせて入る方がほとんどのため、合わせて提案がしやすいためです。
代理店型の自動車保険は通常の料金に代理店となっているディーラーの手数料が合わせて入るため、割高になりやすいです。
メリットはディーラーを通して手続きができるため手軽に申込みができるという点です。

自動車保険についてはあまりよく分からないので任せたいという方は多く、そうした方に需要のあるサービスと言えます。
自動車保険は契約の更新がありますが、それもディーラーに行けば行なってくれるので、待っていればOKということになります。

これに対してダイレクト型はディーラーを通さずに自分で申込みをするという形になっています。
契約に際しては自分で情報をチェックして比較検討し、納得した上で申込みをするという流れが必要になります。
そのため最初は自動車保険について情報収集を行なう必要がありますが、その後は安い保険料で済むことになるので、ひと手間かける意味はあると言えます。

ダイレクト型は代理店を挟まないサービスなので、その分費用を安く抑えることができ、節約につながります。
1000円や2000円の差が出てくることも比較的多く、年間で数万円の差につながるので、これはとても大きなメリットと言えます。

既にこの保険会社が気になっているという場合は、インターネットで個別の見積もりもできます。

細かい条件を設定して見積もり金額を確認できる点が、個別見積もりの特徴。
Webサイト上で条件をいろいろ変えて、自動車の乗り方や、保険種類、保険金額、特約などのシミュレーションが可能。
自分に合ったプランを検討できます。
また、個人情報を入力しなくてもいい自動車保険会社が多く、1社あたりの所要時間は最短2分。気軽に利用できます。
自動車保険の比較<オリコン>

この保険会社で安くなるのか検討したい場合、条件を細かくいれればOK。
少しでも節約できるようしっかりとプランを比較しましょう。

検討してみるのもお勧め

以上、自動車保険の種類についてお伝えしました。
興味が湧いた方はダイレクト型を検討してみるのもお勧めです。
まずは情報収集から始めてみると良いでしょう。
どのくらいの月額になるかをチェックして、切り替えた方が良いと思ったらさらに深く検討してみるのもお勧めです。
十分に情報収集をして、納得のいくサービスに申し込んでくださいね。

カーシェアリングでおトクなカーライフ

カーシェアリングが人気

最近人気となっているのがカーシェアリングです。
カーシェアリングは車を所有せず、レンタルして使用するという方法です。
同じようなサービスにレンタカーがありますが、カーシェアリングはより手軽に車が利用できるようになっているのが特徴です。
ちょっとした買い物などのお出かけなどにも使えるサービスとなっており、レンタカーは休日のまとまった時間で使うのに適しており、カーシェアリングはより短時間での利用のために便利なサービスです。

カーシェアリングのサービスはここ数年とても注目されており、特に車を所有するのが難しい都心部でサービスが多く展開されています。
活用することで大きな負担をかけることなく車を利用することができるので、ぜひあなたも活用してみると節約しながら車を楽しむことができます。

カーシェアリングの利用について

カーシェアリングを利用したいと思ったら、インターネットでの申込みが手軽で便利です。
インターネットでサービスのページにアクセスし、利用の申込みをします。
都市部には駐車場にカーシェアリングサービスの旗が立っている所をちらほら見かけます。
ここがサービスを利用できる駐車場になっており、利用の申込みをしたら駐車場に向かい、停めてある車を使用します。
一定時間経過したら提携駐車場に返却し、サービスの利用が終了となります。

料金の支払いはクレジットカードで行なえるサービスが多くなっています。
駐車場は元の位置に返却する必要はなく、提携の駐車場ならどこにでも返却してよいので、行きと帰りで場所が違っても大丈夫なのも便利です。

基本的には24時間いつでも利用することができるので駐車場に停めてある自分の車のように利用することができます。
また、料金は15分単位で計算されるようになっているのでムダなく利用することができます。
30分や1時間買い物で利用したいという方にもとても便利で、小回りの利いた使い方ができるサービスです。

都心ではあまり車を持っていなくても不自由することはありません。
ですが時には乗りたいという時もあり、そうした時に利用すると便利なサービスと言えます。
車を維持していると常に費用がかかりますが、カーシェアリングなら使いたい時にだけ使えば良いので、とても効率の良いサービスなのです。

気になったら利用してみよう

カーシェアリングのサービスは最近特に多くなっており、様々なサービスが登場しています。
最初は無料で一定時間利用できるクーポンなどが付いているなど、始めやすいサービスとなっているので、まずは気軽に利用してみるのもお勧めです。
一度利用すればその便利さが分かるので今後も利用したいと思う方も多いですし、車を購入するよりこれでいいという方も多いです。

ガソリンは満タンにしない方がおトクってホント!?

ガソリンスタンド

ガソリンは満タンにしない方が良い理由

日常的に車を利用している方も多いと思いますが、実は車のガソリンは満タンにしない方が良いということが言われています。
満タンにしない方が良い理由は、燃費が良くなるためです。
ガソリンは液体で比較的量があると重さがあります。
その重さが車に負担をかけることになり、燃費が低下するのです。
そのため、ガソリンは半分ほど入れるのが最も効果的と言われています。

日頃から節約を意識しているという方は車のガソリンを入れる量についても気をつけてみると良いでしょう。
半分ほどにすることで1回でのガソリンを入れる量も少なくなるため、いつももう少し走ったらガソリンが少なくなってくるという気持ちも働きやすくなります。
そうすると、ガソリン代をより節約できることにつながります。
満タンにガソリンが入っているとどうしてもまだまだ余裕があると思って色んな所に車で出かけてしまいがちですが、ある程度減っているとそうした気持ちを感じにくくなるのです。

満タンにしないことにはこのような心理的な効果もあるので、ぜひ始めてみるのもお勧めです。
多くの節約方法はひと手間かかるなど継続が大変なこともありますが、このガソリンを入れる量を減らすというのは手間があまりかからずにできる方法なので誰でも取り入れやすい方法です。
当たり前ですが男性女性問わず行なうことができるので、まずは気になったらやってみることをお勧めします。

色んな重みのあるものを下ろしておく

また、ガソリンを満タンにしないようにするのと同じ原理で、車に積み込まれている重さのあるものを下ろしておくことで燃費向上につなげることができます。
車のトランクなどについずっと入れっぱなしになってしまっている物もあるかもしれませんが、そうした物が燃費の低下につながっている可能性は大きくあります。
そのためなるべく下ろすようにすると良いでしょう。

荷物を降ろすほど燃費が良くなり、より節約に繋げることができます。
車は日常的に利用しているのでついそのまま乗ってしまいがちですが、こうした細かなポイントを見直すことで燃費の改善に繋げることができるので、定期的に燃費の低下につながっていないかをチェックしておくと良いでしょう。
これも一度下ろせばその後ずっと燃費は改善されますし、車の中もすっきりするので気持ち良く車を使用することができます。

節約してドライブをさらに楽しもう

このように、ガソリンを入れる量や積み込む物を減らすことで燃費の改善をすることができます。
燃費が向上したらお金も浮いてくるので、より色んな所へドライブへ行くなども良いかもしれませんね。
ぜひ楽しく節約生活をして欲しいと思います。

車を極力安く買う方法とは!?

車

車を極力安く購入したい

車をこれから購入しようと検討している方もいると思いますが、車はやはりとても高い買い物です。
しっかりと考えて買わないと損をしてしまっている可能性もあるので注意しましょう。
極力安く購入したいという方のために、ここでは車を購入する際のポイントについてご紹介していきます。
ポイントを押さえて購入することであなたは損をせずにお得に車を購入することができるので、チェックした後はぜひ覚えておいてくださいね。

安く購入するためのポイントをご紹介

車を安く購入するためのポイントとしては、営業マンと仲良くなって値段交渉をするということです。
車の購入の際に提示された金額をそのまま受け入れていないでしょうか。
車の購入は基本的に値段交渉をするのが基本となっています。
これは多くの方が行なっていることなので、販売業者の営業マンもある程度それを分かった上で話を進めてきます。

交渉をする際にはもっと安くしてよというストレートな交渉をすることもできますが、より良い方法としては、営業マンと仲良くなるということです。
営業マンも一人の人なので、人として気が合うと感じる人にはなるべく良い買い物をしてもらおうという気持ちになるのです。
そのため、営業マンと話をする際には様々な雑談なども時々取り入れて、営業マンと仲良くなることをまずは目指しましょう。

これは実は営業マンがお客さんに対して行なっていることです。
まずは仲良くなり、その後に提案することで営業マンの思っている方向に持っていくというセールス手法なのですが、お客となる自分が営業マンと同じことをすることで、対等な立場になるのです。

こうして仲良くなったらそこから交渉を始めていきます。
その際に大切なのが下調べです。
他社やネットを利用して、その車の相場を調べておきましょう。
新車でも中古車でもこれは同じです。
そして、その値段よりも提示された価格が高いことを確認して、どれくらい値引きして欲しいかを伝えます。

ここで仲良くなっていることでの効果が出てきます。
営業マンもなるべく自分の所で購入して欲しいのと、仲良くなって役に立ちたいという気持ちがあるので、交渉をこちら側の有利に進めやすくなります。
こうして安く車を購入することができます。

最後の一押しまで安くするには

また、最後の一押しまで安く購入するには、オプションなどの金額面ではない所でサービスをしてもらう交渉をすると良いでしょう。
オプションを付けるのは値引きよりも営業マンにとって抵抗が少ないので、最後にプラスで一つ付けてくれる場合もあります。

以上、なるべく安く車を購入する方法についてご紹介しました。
取り入れることであなたの車の購入にも役立つので、ぜひ参考にしてみてくださいね。