in

ガソリンは満タンにしない方がおトクってホント!?

ガソリンは満タンにしない方が良い理由

日常的に車を利用している方も多いと思いますが、実は車のガソリンは満タンにしない方が良いということが言われています。
満タンにしない方が良い理由は、燃費が良くなるためです。
ガソリンは液体で比較的量があると重さがあります。
その重さが車に負担をかけることになり、燃費が低下するのです。
そのため、ガソリンは半分ほど入れるのが最も効果的と言われています。

日頃から節約を意識しているという方は車のガソリンを入れる量についても気をつけてみると良いでしょう。
半分ほどにすることで1回でのガソリンを入れる量も少なくなるため、いつももう少し走ったらガソリンが少なくなってくるという気持ちも働きやすくなります。
そうすると、ガソリン代をより節約できることにつながります。
満タンにガソリンが入っているとどうしてもまだまだ余裕があると思って色んな所に車で出かけてしまいがちですが、ある程度減っているとそうした気持ちを感じにくくなるのです。

満タンにしないことにはこのような心理的な効果もあるので、ぜひ始めてみるのもお勧めです。
多くの節約方法はひと手間かかるなど継続が大変なこともありますが、このガソリンを入れる量を減らすというのは手間があまりかからずにできる方法なので誰でも取り入れやすい方法です。
当たり前ですが男性女性問わず行なうことができるので、まずは気になったらやってみることをお勧めします。

色んな重みのあるものを下ろしておく

また、ガソリンを満タンにしないようにするのと同じ原理で、車に積み込まれている重さのあるものを下ろしておくことで燃費向上につなげることができます。
車のトランクなどについずっと入れっぱなしになってしまっている物もあるかもしれませんが、そうした物が燃費の低下につながっている可能性は大きくあります。
そのためなるべく下ろすようにすると良いでしょう。

荷物を降ろすほど燃費が良くなり、より節約に繋げることができます。
車は日常的に利用しているのでついそのまま乗ってしまいがちですが、こうした細かなポイントを見直すことで燃費の改善に繋げることができるので、定期的に燃費の低下につながっていないかをチェックしておくと良いでしょう。
これも一度下ろせばその後ずっと燃費は改善されますし、車の中もすっきりするので気持ち良く車を使用することができます。

節約してドライブをさらに楽しもう

このように、ガソリンを入れる量や積み込む物を減らすことで燃費の改善をすることができます。
燃費が向上したらお金も浮いてくるので、より色んな所へドライブへ行くなども良いかもしれませんね。
ぜひ楽しく節約生活をして欲しいと思います。

Written By: