in 光熱費

夏の電気代節約法、教えます!

電気代節約の夏

夏はとても暑くて色んなイベントもある季節です。
花火の夏、プールの夏など、色んな楽しみ方で楽しむ方がいますが、節約の夏も良いかもしれません。
夏には夏ならではの節約法もあるため、そうしたものを取り入れることでなつならではの気分を感じられるかもしれません。
ここでは特に夏に有効な節約法をご紹介します。
ぜひあなたも取り入れて節約上手になって欲しいと思います。

夏の節約法をご紹介

夏に効果的な節約法の一つめは太陽光発電です。
これは初期費用がかかるものですが、長期的なスパンで見ると大きな節約につながるものです。
太陽光発電は一戸建ての家に住んでいる方が導入することができ、屋根に太陽光の発電パネルを設置することで自家発電ができるようになります。
これによって電力を自分の家のパネルから賄い、電力会社の電力を極力使用しないようにすることで電気代を毎月大幅に節約することができます。

デメリットとしては初期費用が大きくかかるということですが、最初は費用回収のためにマイナスになりますが、一定期間経った後は初期費用を全て浮いた電気代で賄うことができ、そこからは浮いた電気代が全てプラスになっていきます。
夏の季節は特に太陽もしっかりと照りつけるため、太陽光パネルも電力を多く生産することができます。
また、太陽光パネルは自宅で使用しない電力を予備の電力として蓄電することができますが、これを電力会社に販売することができるということもメリットになっています。
電力の買い取り価格は時期によって異なるため確認が必要ですが、自分の家の電気代を浮かすことができるのに加えて電気を販売することができれば、これもとても大きなプラスになります。

初期費用が捻出できそうな方は検討してみるのも良いでしょう。
まずは問い合せてみるのがお勧めです。

エアコンを付けっぱなしにする節約方法

次の節約法は、エアコンを付けっぱなしにするということです。
こまめに消すのではなく、付けっぱなしにすることで節約効果があるのです。

この原理は車のエンジンと同じです。
車のエンジンは出だしが最もエネルギーを消費します。
そして、スピードが上がった後は、少しアクセルを踏むだけでも同じスピードを維持することができます。
エアコンもこれと同じで、エアコンのスイッチを入れて涼しくし始める時が最も電力を消費します。
部屋が涼しくなったあとはある程度の電力で同じ温度を保つことができるため、実はこまめに消すよりもそのまま付けておいた方が節約になるのです。

意外と知られていない事実で最初はとても抵抗感がありますが、やってみるのもお勧めです。
これを知ったら、なぜ付けっ放さないのと子供に怒るお母さんも登場するかもしれませんね。

Written By: