専用マンションの特徴に迫る

そびえ立つマンション

〇〇専用マンションというマンションはたくさんありますが、人気の高い女性専用マンション、学生専用マンション、ペット専用マンションをご紹介いたします。

女性専用マンション

女性専用マンションの特徴として、セキュリティや防犯が強い物件が多くあります。一般的なオートロックやキースイッチ、カバー付きのドアスコープ以外にも複数セキュリティがありますのでご紹介いたします。
女性専用のマンションでは駅近の物件も多く、夜遅くの帰り道の不安が軽減され、仕事や学業で遅くなってしまっても安心して通うことができます。
また、マンションに管理人が24時間体制で常駐している物件もあります。突然トラブルに巻き込まれた時のためにフォロー体制が整っているところもあります。
他にも、女性専用で使用されているマンションでは、部屋が綺麗な場合が多く、タバコの匂いや生活汚れなどが少ないことが多いです。
立地や建物によっては一般的なマンションより値段が高めに設定されていることが多いですが、妥協できないセキュリティ面を考えれば高すぎるということはないでしょう。

学生専用マンション

学生専用マンションでは、家具が備え付けになっているケースが多いです。いちから揃えると固まったお金が必要になりますが、最初から備え付けになっている物件は学生に人気が高いです。
また、最近では無料のインターネット回線が付いている物件が多くみられます。
その他にも特徴として、一棟やワンフロアが学生のみとなっている場合があります。同世代が多いため、生活音などを気にしなくても多少は問題ないことが多いようです。
学生専用マンションのデメリットは、卒業したら退去しなくてはいけない点です。環境が良く住みやすくても継続して契約ができないことが多くあります。

ペット専用マンション

ペット可のマンションも増えてきていますが、専用マンションはペットを飼っていることに気兼ねなく住むことができます。
共用でワンちゃん用の足洗い場が設置されていたり、お散歩用具用ロッカーが設備されているマンションもあります。
お部屋から飛び出してしまわないように飛び出し防止ドアや玄関にリードフックが取り付けられています。ほかにも、フローリングがクッションフロアになっていて、爪の傷などの悩みにも対応しています。
壁紙にもペット用に汚れにくく傷がつきにくいものを選んでいたり、ハイポジションコンセントになっていて、ペットが部屋の中で遊んでも問題ない作りになっています。

特定優良賃貸住宅(特優賃)のメリット・デメリット

優良物件の外観

特定優良賃貸住宅について知りたい

特定優良賃貸住宅ってご存知でしょうか。
聞いたことがあるような、ないようなものかもしれません。

特定優良賃貸住宅は、入居者の負担を軽くするための家賃補助があります。
その他に礼金、更新料、仲介手数料が無料です。
そもそも、この住宅は、賃貸物件の所有者が地方自治体、国の補助金、住宅金融支援機構の融資を利用して建築した良質な賃貸住宅なのです。
そこの居住者は、地方自治体と国から、補助金がもらえるという特典があります。

略して「特優賃(とくゆうちん)」と呼ばれるようです。
中堅所得者のために建てられた賃貸住宅になります。

お金が安く済むというのは最大のメリット

特定優良賃貸住宅の最大のメリットは、家賃補助です。
世帯の所得に応じて、地方自治体と国から、家賃補助を受けられます。
基準になるのは、前年度の収入、家族数で3~5段階に分かれているようです。

家賃補助にも種類があります。
傾斜型とフラット型の2種類があり、傾斜型は、最長20年受けられるのですが、毎年、受けられる額が減少していくといったものです。
入居時の補助が一番多く、だんだんと減少していきます。

それに対して、フラット型は一定の額を補助してくれるというものです。
受けられる年数は15~20年で、自治体によって、違います。
傾斜型と比べて、最初の補助額は低いのですが、ずっと同じ額なので、家賃管理しやすいでしょう。
その他のメリットは住宅の質が良いこと、礼金、更新料、仲介手数料が無料なこと、管理体制が安心できることが挙げられます。

デメリットは入居倍率が高いこと

デメリットは、入居倍率の高さになります。
上記に説明しましたとおり、特定優良賃貸住宅は、家賃補助があり、礼金、更新料、仲介手数料が無料、住宅の質が良い等のメリットが多いため、人気が高いのです。
入居希望者が多く、一般的な賃貸住宅よりも入居倍率が高いのは、仕方のないことかもしれません。

特に新築物件は入居希望者が多く、倍率がいっそう高いのです。
ですから、申し込んでも入居できるとは限りません。

そして、先ほども触れましたが、家賃補助が傾斜型の場合は、年々、補助額が下がるため、人によっては、家賃の支払いが大変になるかもしれないのです。
最長20年ですが、最終的には家賃補助がなくなる場合もありますから、家賃が払えるかどうかも重要になります。

それから、中堅所得者向きということですから、所得制限があるのです。
ですから、所得が低いと、入居条件がクリアできないため、応募できません。
これは、残念なデメリットです。
所得が上がったら、応募してみても良いでしょう。

また、ファミリー向けなので、単身者では応募できません。
でも、数は少ないのですが、単身者向け物件もありますので、単身者の方は探してみてください。

家賃を安く抑えるなら「フリーレント物件」がおすすめ!

家賃を抑える救世主

最近は物価も少しずつですが上がってきており、色んな出費を気にする方が増えています。
また、仕事の収入はこれに対して伸びにくくなっており、なるべく生活の負担を軽くしたいという方は多いです。

そのため家賃が安くなる駅から遠いアパートを選んだり、好んで事故物件を選ぶような方もいます。
一戸建てを購入する方の場合は、新築ではなく築年数の古い中古物件を探すことでかなり費用を抑えることができます。
高級住宅地でも中古ですと豪華な一戸建てが安くなりやすいですので、興味がある方は一度確認してみることをおすすめします。
中古一戸建て物件【目黒区】

とは言え、中古物件を買うお金は無いし、不便な場所や事故物件も嫌という方がほとんどでしょう。
そうした方にお勧めなのがフリーレント物件という物件です。
家賃を抑えたい方にはとても最適な物件で、最近注目されている物件でもあります。
フリーレント物件は、初期費用の負担が少ない、もしくは無料で、最初の1ヶ月や2ヶ月の家賃が無料になっている物件を指します。
家を借りる際に気になるのが初期費用です。

敷金礼金でとても大きな金額がかかってしまい、引越しを敬遠する方も多いです。
これに対してフリーレント物件は初期費用が大きく抑えられているため、入居しやすくなっています。
これは利用者の方にとって、とても大きなメリットです。
さらに、最初の1ヶ月などが無料となっていることでより利用しやすい物件になっているのです。

ですが、どうしてこれだけ安くできるのか気になるという方もいると思います。
フリーレント物件の仕組みについてご紹介します。

参考:http://chintai.mynavi.jp/kanto/special/freerent/

フリーレント物件の仕組み

例えば7万5千円の家賃の物件があるとして、これを2年間住んでもらうとします。
お客様によっては交渉して家賃の値下げを希望する方もいます。
そのため、実際には不動産業者で表示されている金額よりも3千円ほど安くなることも比較的あるケースです。
3千円を2年間の24ヶ月で計算してみると、7万2千円の金額となり、ほぼ家賃一ヶ月分となるのです。

フリーレント物件はこれを利用した物件です。
提示した家賃でしか契約はできない、そのかわり1ヶ月無料、初期費用無料となっていますが、これは家賃を値下げするよりも1ヶ月無料とした方がメリットが大きく感じられることを利用した物件なのです。
マンションやアパートの貸し主の方からするとより借りられやすくなるというメリットがあり、借りる方からしても、最初の初期費用が抑えられるためメリットがあり、双方にとって良い物件なのです。

気を付けるべき所も

フリーレント物件は最初の初期費用の負担を軽くしていますが、それに伴って注意点もあります。
それは、一定期間住まないと違約金がかかる場合があるということです。
初期費用を下げるということは、貸し主の方は毎月の家賃が入らないと収入になりません。
そのため、すぐに解約されると困る面があるのです。

そのためフリーレント物件は1年もしくは2年の契約期間があり、それよりも前の段階での解約には違約金がかかることが多いです。
違約金は家賃の1ヶ月分などになることが多いです。
こうしたポイントを守ればフリーレント物件はとても良い物件なので、検討してみるのもお勧めです。

東京で暮らすなら一人暮らし?シェアハウス?

東京の街並み

東京で暮らす新しい選択肢

東京に上京してきて生活を新しく始めるという方も多くいますが、最近そうした方に人気となっているのがシェアハウスです。
シェアハウスは他の人と共同で生活するというスタイルの部屋で、お風呂やキッチンなどは共同となっており、部屋が分かれた形になっています。
最近はドラマなどでも話題になり、そこから実際の物件でもシェアハウスが増えてきました。
東京では特に増えていて、今後もしばらくその人気は上がることが予想されています。

あなたもシェアハウスを検討してみるのもお勧めですが、ここで気になるのが一人暮らしとの違いです。
一体どちらが良いのだろうという方のために、ここでは一人暮らしとシェアハウスの違いについてご紹介します。

一人暮らしについて

東京で一人暮らしをする場合、まず大きなメリットとしては自由が利くことです。
一人暮らしはとにかく自由です。
同棲になれば別ですが、他に誰もいないので自由に過ごすことができます。
いつ起きても良いですし、いつ食事をしても自由です。
掃除なども自分のペースですることができます。

そのため、一人の時間を取りたいという方は一人暮らしの方が向いていると言えるでしょう。
実際一人暮らしを始めるととても楽という方は多く、選ぶ方は多いです。

デメリットとしては家賃が高めになるということです。
特に東京の場合は家賃が高く、これから働き始めるという新卒の方には負担になりやすいことも多いです。
家賃だけでなく東京は物価も高いので、食費なども多くかかる傾向にあります。
十分に検討して住み始める必要があると言えます。

シェアハウスについて

次にシェアハウスの特徴ですが、メリットとしては家賃が抑えられるということです。
シェアハウスは一つの部屋を複数人で住むことになるので、基本的には一部屋の家賃を人数で割る計算になります。
家賃は3万円ほどまでで抑えられることも多いので、とても低価格で東京暮らしができると言えます。
これはとても大きなメリットです。

また、共同で生活する方との交流を頼めるというメリットもあります。
知らない人と一緒に生活するのは少し抵抗がある方もいるかもしれませんが、シェアハウスに住もうと考える方はある程度交流したい方が多いので、そうした新しい出会いを作りたいという方にも向いていると言えます。

デメリットは共同生活なので気を遣うところもあるということです。
お風呂、トイレ、キッチンなどが共同なので、使い方のマナーを守らないとお互いに気分よくありません。
また、交流ができるというのも、毎日会うのが少しつらくなる可能性もあります。

一人暮らしとシェアハウスはメリットとデメリットがあるということを知った上で検討することがとても大切です。
ぜひじっくり考えてみてくださいね。

日本で最も家賃相場が安い県はどこ?

景色

日本で家賃が安い県は

これから引越しを検討している方で住む場所にある程度融通が利くという方は、家賃が安い県を検討してみるのも良いかもしれません。家賃が安いので生活の負担がかかりにくく、安心して生活をすることができます。また、家賃が安い所は自然が多く残っているのも特徴で、のびのびとした暮らしをすることができます。都会でしっかり頑張る生活も良いですが、自然の多い地域でゆったりと暮らすのもまた楽しいものです。

家賃が安い県TOP3をご紹介

ここでは日本で家賃が安い県をご紹介します。参考にして頂くことで、あなたの今後の生活の参考になることもあるはずです。ぜひチェックしてみて欲しいと思います。

群馬県

家賃が安い県としてのまず1位は、群馬県です。

東京にも比較的近い群馬県ですが、平均家賃は何と3万6千円となっており、抜群の安さを誇っています。とても低額で住むことができるので、田舎暮らしをしたいという方にも最適な土地です。また、群馬県には様々な名産品などもあるため、日々生活をする中でそうした名産品を楽しむこともできます。
参考:http://www.pref.gunma.jp/

比較的東京に近いので、用事がある時などは東京に出かけるのも良いでしょう。県をまたぐことにはなりますが、電車で向かいやすい場所なので、ぜひ安定して生活する県として検討してみるのもお勧めです。

山口県

2位は山口県です。山口は本州の西端にある県として有名ですが、ここも群馬県に劣らずに平均家賃は安くなっています。3万7千円ほどとなっており、とても安いので引越しで検討してみるのもお勧めです。周辺は海に囲まれており自然の風景が広がっているほか、ふぐが名産として有名になっています。ふぐは高級食材として扱われていますが、山口県に行けば比較的お得にふぐが食べられる可能性は高いので、ぜひ行ってみるのもお勧めです。

家賃も安く、ふぐを初めとした豊富な海産物を堪能できるという点では、かなり人生を楽しめると言って良いでしょう。ちなみに山口県は周辺地域で九州地方にほど近いので、買い物などに出かける方は九州方面に足を運ぶ人も居ます。

徳島県

3位は徳島県です。徳島は四国にある県で、こちらも自然の風景に溢れている検討して知られています。ゆったりとした生活ができる地域で、平均家賃は山口県と同じく3万7千円ほどとなっています。とても低価格で住むことができるので、ぜひ検討してみるのもお勧めです。四国には魅力も沢山あるので、住み始めるととても良かったと思うことも多いはずです。

東京の平均家賃もご紹介

こうした家賃の安い県と比較して、日本一平均家賃が高い東京はいくらかと言うと、7万1千円という数字となっています。

群馬県の平均家賃の倍近い金額で、その高さが際立っています。とはいえ都内で勤めている人が群馬県から通勤をしようとしても、通勤時間の長さと交通費から割に合わないと考える人も多いでしょう。

そのため、間を取って神奈川県や千葉県・埼玉県あたりに住んでいる人が多いのが実情です。中には、長期的に住まうには賃貸よりも家を購入したほうがいいと判断して、安価に建てられるローコストの注文住宅に住まう人も居ます。

こうした要素も参考として知っておくと、引越しをする新しい発見もあることでしょう。住むのに最適な場所や住居スタイルは自身の仕事や世帯人数、実家との距離などの様々な要素で変化するため、家賃だけで判断するのは早計です。