in 住宅

東京で暮らすなら一人暮らし?シェアハウス?

東京で暮らす新しい選択肢

東京に上京してきて生活を新しく始めるという方も多くいますが、最近そうした方に人気となっているのがシェアハウスです。
シェアハウスは他の人と共同で生活するというスタイルの部屋で、お風呂やキッチンなどは共同となっており、部屋が分かれた形になっています。
最近はドラマなどでも話題になり、そこから実際の物件でもシェアハウスが増えてきました。
東京では特に増えていて、今後もしばらくその人気は上がることが予想されています。

あなたもシェアハウスを検討してみるのもお勧めですが、ここで気になるのが一人暮らしとの違いです。
一体どちらが良いのだろうという方のために、ここでは一人暮らしとシェアハウスの違いについてご紹介します。

一人暮らしについて

東京で一人暮らしをする場合、まず大きなメリットとしては自由が利くことです。
一人暮らしはとにかく自由です。
同棲になれば別ですが、他に誰もいないので自由に過ごすことができます。
いつ起きても良いですし、いつ食事をしても自由です。
掃除なども自分のペースですることができます。

そのため、一人の時間を取りたいという方は一人暮らしの方が向いていると言えるでしょう。
実際一人暮らしを始めるととても楽という方は多く、選ぶ方は多いです。

デメリットとしては家賃が高めになるということです。
特に東京の場合は家賃が高く、これから働き始めるという新卒の方には負担になりやすいことも多いです。
家賃だけでなく東京は物価も高いので、食費なども多くかかる傾向にあります。
十分に検討して住み始める必要があると言えます。

シェアハウスについて

次にシェアハウスの特徴ですが、メリットとしては家賃が抑えられるということです。
シェアハウスは一つの部屋を複数人で住むことになるので、基本的には一部屋の家賃を人数で割る計算になります。
家賃は3万円ほどまでで抑えられることも多いので、とても低価格で東京暮らしができると言えます。
これはとても大きなメリットです。

また、共同で生活する方との交流を頼めるというメリットもあります。
知らない人と一緒に生活するのは少し抵抗がある方もいるかもしれませんが、シェアハウスに住もうと考える方はある程度交流したい方が多いので、そうした新しい出会いを作りたいという方にも向いていると言えます。

デメリットは共同生活なので気を遣うところもあるということです。
お風呂、トイレ、キッチンなどが共同なので、使い方のマナーを守らないとお互いに気分よくありません。
また、交流ができるというのも、毎日会うのが少しつらくなる可能性もあります。

一人暮らしとシェアハウスはメリットとデメリットがあるということを知った上で検討することがとても大切です。
ぜひじっくり考えてみてくださいね。

Written By: